【趣味の園芸 やさいの時間】ハーブを使った手浴や足浴のやり方!

ドライハーブ

2017年2月26日に
NHKの趣味の園芸やさいの時間で外山たらさんが
ハーブを使った手浴や足浴のやり方を
説明していましたので紹介します。

スポンサードリンク

からだをじんわり温めるハーブ術

ハーブは育てやすく使いみちもいろいろ。
今回は冬を暖かく快適に過ごすための活用術を。
外山たらさんが紹介。

手浴

のやり方

手浴は手だけお湯につけて温める方法です。
服を着たままできるので
家事や仕事の合間でも手軽に楽しめます。

手をお湯で温めるだけで血行が良くなり
全身があったまります。

ハーブを加える事によって見た目もきれいで
香りも楽しめます。

その結果リフレッシュ効果とかリラックス効果が
高まります。

ここではハーブのラベンダー、バラを使っています。

ラベンダーの香りには鎮静作用があり
気分をゆったりさせるリラックス効果があります。
ローズは気持ちを明るくする
リフレッシュ効果が期待できます。




【手浴のやり方】

【用意するもの】
・洗面器
・ハーブのラベンダー(ドライ)
・ハーブのローズ(ドライ)

ドライハーブは専門店などで手に入ります。

1.洗面器のような容器に50℃以上の湯を注ぐ

2.ラベンダーとローズのハーブを入れる
ハーブの量はお好みでOK。

※ポイント
ハーブの薬効成分は50℃以上のお湯で
抽出することができる。

ハーブをお湯に入れて2~3分。
だんだん香りがたってきたら
お湯の熱さに気をつけながら手を入れていきます。

※ポイント
手首までつけるとよい。


スポンサードリンク



足浴

足浴は手浴と同じく、
手軽に楽しめる部分浴の一つです。

こちらもハーブの力を借りると
効果がグーンとアップします!

足浴の場合も手浴と同じハーブでもいいのですが
足浴にもっと向いたハーブあります。

外山さんが用意したのはローズマリー、
セージとタイムの3種類のハーブ。

ローズマリーは血行を促進し、
体全身をあっためてくれます。

セージとタイムは殺菌力がとても強い。
なので香りを嗅ぐ事によって口の中や鼻の中の殺菌され、
風邪の予防になり、また部屋全体の殺菌にもなります。

【足浴のやり方】

【用意するもの】

・足を入れる容器
・セージ(ドライ)
・タイム(ドライ)
・ローズマリー(ドライ)

【やり方】
1.足を入れる容器に、50℃以上の湯を注ぐ

2.ハーブを入れる

ハーブをお湯に入れて2~3分待てばOK。
だんだん香りがたってきたら
お湯の熱さに気をつけながら足を入れていきます。

お風呂にも

これらのドライハーブは風呂に入れて
入浴することもできます。

ただ、薬効成分出すためには
50℃以上熱さのお湯が必要です。

ですので、やかんなどに濃いめのハーブティーみたいに
作って、それをお風呂の中に入れるその方法がいいそうです。


まとめ

この日の趣味の園芸 やさいの時間のハーブの記事↓

【趣味の園芸 やさいの時間】外山たらさんのハーブ石鹸の作り方

【趣味の園芸 やさいの時間】外山たらさんの乾燥しょうがの作り方!

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ