菜花(ナバナ)菜の花の栽培、育て方

菜花(ナバナ)の育て方

ほろ苦さがおいしい菜花(ナバナ)。
花茎や茎をいただく野菜です。

ナバナの種まきは9月~10月頃の秋まきができます。

菜花(ナバナ)の品種

菜花(ナバナ)の品種は大きく分けると三種類あります。

日本在来系の品種、中国系の品種、西洋系の品種。

収穫は
中国系は12月上旬から2月上旬頃。
日本在来系は2月下旬から4月上旬頃。
西洋系は3月下旬から5月上旬頃
に収穫できます。

なので、もしもこの3種類を植えると冬から春まで長くナバナの収穫ができます。



菜花(ナバナ)の栽培 土づくり

プランターでも育てられますがここでは畑で育てる方法です。
まずは土づくりです。

一つの区画で3品種を同時に育てます。

苦土石灰をまいて、雨などで酸性に傾きがちな土を弱酸性にします。
クワなどでよく耕し、土に混ぜたら平らにし1週間ほど寝かせなじませます。

次は堆肥と化成肥料をまいていきます。
堆肥は区画全体に。

続いて化成肥料もまんべんなくまいて、クワでよく耕し土となじませます。

できたら水はけをよくするために畝を立てるとよいです。

クワで栽培スペースに土を積み上げ10cmほど高くしたら表面に水がたまらないよう平らにならします。



種まき、間引き、収穫


【種まき】

すじまきをしますが、支柱で溝を作ってタネをまくとよいです。

タネはたくさんまいて、成長とともに生育の悪いものを間引きながら強い株に育てます。
まき終えたら土をかぶせ上から軽く押さえます。

スポンサードリンク

アブラナ科の野菜はアオムシなどの害虫が大好物。
防虫ネットで害虫からナバナを守ります。

曲がる支柱をさして、防虫ネットを上からかぶせ、端を結んで留め具で固定します。

害虫が入らないように裾は土で埋め、ネットの上から2本の支柱で押さえます。

ナバナ(菜の花)

葉が天井に触れるようになったらネットは外します。


【間引き】

今後は双葉が開いたら1回目の間引き。
生育のいいものを残し3~5cm間隔になるように株を引き抜きます。

本葉が2~3枚になったら2回目の間引き。

草丈が10~15cmになったら3回目の間引きをします。

間引き苗も食べることができます。


【肥料&土】

2回目の間引後に化成肥料を追肥します。

その後、2週間に1回ほど化成肥料を追肥するか、週1回液肥を水やりを兼ねて施すとよいです。

追肥のあと土寄せか土が減っていたら増し土をします。


【水やり】

土の表面が乾いたら充分に水をやります。


【収穫】

花茎が20~30cmになったころに上部から10~15cmを摘み取ります。

その後、わき芽が次々に伸びてくるので、つぼみが膨らんだら順次収穫をします。
花が開いてしまうと風味が落ちてしまうので、収穫が遅れないようにします。





参考:趣味の園芸 やさいの時間 講師 藤田智さん

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ