イタリアンパセリの栽培!苗からの育て方と保存方法も

イタリアンパセリの育て方

イタリアンパセリ、プランターの片隅に1株あると、ちょっと使いたいときにすぐに摘んで使えて重宝しますね。

そんなイタリアンパセリの中からの栽培方法と保存法の紹介をします。

スポンサードリンク

【イタリアンパセリ 苗からの栽培方法】

【育てる環境】
生育適温15~20℃で冷涼な気候を好みます。
風通しのよい日当たりの良い場所に置くとよいです。

【苗の植えつけ】
イタリアンパセリは種から育てることもできますが、苗を購入して育てる方が簡単なのでこちらでは苗の植え付け方を紹介します。
苗の植え付ける時期は春植えが4~5月、秋植えが9月~10月ごろが適期です

プランターや鉢に鉢底ネットをしき、鉢底石を敷き詰めます。
培養土を入れます。

深さ15cm 以上のプランターや5号(直径15cm)以上の鉢を使うとよいです。

土はウォータースペースを2cmほどとっていれます。
植え穴を掘り、苗を根鉢を崩さずに掘った穴に入れ、周りから土を寄せて軽く押さえます。

株元を土よりやや高めにして植えつけるとよいです。

複数植えたい場合は株間を20cmぐらいとって植えます。
植えた後はたっぷりと水をやります。

【水やり&肥料】
夏の高温や乾燥には弱いので、土の表面が乾いたら鉢底から水が流れ出るくらいまでたっぷりと水をやります。

スポンサードリンク

肥料は生育期間中は1ヶ月に1~2回ほど化成肥料を追肥するか週に1回ほど液体肥料を与えるとよいです。

真夏と真冬は追肥はしなくてよいです。 

【収穫】
本葉が12枚ぐらいまでは株を育てますが、それ以上になったら外葉から収穫します。
常に8~10枚くらい葉を残して収穫すれば、長い間収穫できます。

【イタリアンパセリの保存の方法】

イタリアンパセリがたくさんできすぎて1度に使えないから保存したいって思っている人も多いのではないでしょうか?

保存の方法はいろいろありますが、簡単にできるレンジを使って乾燥させる方法を紹介します。

イタリアンパセリは洗って水気をきります。
葉と茎を分け、葉だけを使います。

茎はブーケカルニなどに使えるので、とっておくといいです。

耐熱容器にクッキングシートもしくはキッチンペーパーを敷いてその上にイタリアンパセリの葉をのせて広げます。
何も敷かないとパセリが容器にくっついてしまいます。

加熱時間は収穫した量によって変わってくるので2~3分からはじめ、
様子を見ながら30秒~1分ごとに加熱していきます。

乾燥してパリパリになれば大丈夫です。

それをビニール袋に入れて手で揉んで細かくなったら
ビンなどに保存して出来上がりです。
最初はたくさんあっても量は結構少なくなります。

ほかにも袋に空気を抜いてイタリアンパセリを入れ、冷凍庫へ。
凍ったら手でもむという方法もあります。

あとはバターに混ぜるという方法もありますね。

まとめ

イタリアンパセリを育てて、たくさん収穫出来たら保存して、使いたい時に使いましょう!

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ