【趣味の園芸 やさいの時間】野菜用培養土の袋でミニ大根の育て方!深町貴子&もえ

スポンサードリンク

大根と人参

園芸家の深町貴子先生が
「趣味の園芸 やさいの時間」で教えてくれた
野菜用培養土の袋を使って
ミニ大根を栽培する方法を
紹介します。

スポンサードリンク

袋でミニ大根の育て方

ミニ大根を野菜用培養土の袋に
植えて栽培する方法です。

番組では9月13日に放送されました。


【用意するもの】

・野菜用培養土→1袋(25l)
※20リットル以上であればo.k。
袋を縦にしたときに30cm以上あればo.k。

・ミニ大根のタネ→8粒

・保冷バック(野菜用培養土の袋より大きいもの)→ 1個

・ペットボトルのふた(あれば)

・75cmの支柱→4本

・防虫ネット→1つ

・キャスター付きの台(あれば)



【袋に植える準備】

1.排水用の穴をあける

穴の大きさは5mm程度。

目打ちなどで袋の底から5cmと10cmのところに10ヵ所
互い違いに両面に開ける。

袋でミニ大根

2.保冷バックの底を切って開く。
※水が袋にたまらず抜けるようになる。

袋でミニ大根

3.培養土の袋に保冷バックをかぶせる。

4.培養土の袋の先を外側に折り、土の高さが
縁からおよそ3cmになるようにする。

袋でミニ大根

5.ペットボトルの蓋を土に押して蒔き穴を作る。

深さは1cmぐらい、まき穴は15cmあける。

【種をまく】

6.タネは1つのまき穴に4粒等間隔にまく。

7.まき穴に軽く土をかけペットボトルの蓋で
少し押しながら平らにする。

6.水をやる。
じょうろの場合は少し水を出してからやるとよい。



7.75cmの支柱を四隅に立てる。

8.ダイコンは虫に食べられやすいので
防虫ネットをかける。

目合い0.8㎜以下のものを選びます。

支柱の上から防虫ネットかける。

上の部分は束ねて麻ひもで縛り
すそも風で飛ばされないようにひもで結ぶ。

移動しやすいようにキャスター付きの台に乗せておくと便利。

袋でミニ大根

今後の手入れ

1週間ほどで芽が出てきます。

【間引き1回目】
双葉が開いたら3本にする。

本葉が出てきます。
本葉は双葉の間から出てくるギザギザした葉のこと。

【間引き2回目】
本葉が1~2枚になったら間引きをして2本にする。

【間引き3回目】
本葉5~6枚になったら1本にする。
なるべく真っすぐな方を残します。



収穫は11月上旬から中旬ごろとのことです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ