【趣味の園芸 やさいの時間】プランター栽培をした土のリサイクル方法!

スポンサードリンク

土のリサイクル

2016年12月18日に放送のNHK「趣味の園芸 やさいの時間」。

園芸家の深町貴子さんがプランター栽培をした
土のリサイクル方法を
教えてくれましたので紹介します。

スポンサードリンク

一度使った土は栄養がない

一度野菜を作った土。
これをそのまま次の野菜の栽培に使っても
野菜はうまく育たないのです。

それは一度目の栽培で
土の栄養分が失われて
しまっているからです。

さらに土もかたくなります。
そうすると根がうまく張らないし、
水はけも悪い。

通気性も悪くなるので
野菜がうまく育たなくなってしまうのです。

虫の卵なんかもあったりします。

なので、害虫や目に見えないような病原菌を
取り除く必要があります。

ふかふかな土にリサイクルする方法

【用意するもの】

・厚めのポリ袋
(2重にしたものを2つと鉢底石用に2重にしたもの)

・割りばしもしくは支柱

・ふるい↓

・あれば温度計↓

・熱湯

・リサイクル材↓



スポンサードリンク



【やり方】

1.厚めのポリ袋を用意し、二重にする。
(鉢底石もリサイクルするので小さめの2重にした厚めのポリ袋も用意。)

2.土と鉢底石を別々のポリ袋にいれる。

3.ポリ袋の中で固くなった土を
割りばしや支柱などでつついてほぐしていく。
そして袋ごともみほぐす。

枯れた株や根はとりのぞきます。

4.二重にしたポリ袋をもう一つ用意し、
土をふるいにかけながらいれます。

まだ残っている根の塊や
目に見えるような害虫を
しっかりと取り除いていきます。

硬い小さい石のような土がでてきたらそれは
野菜用培養土に含まれている土壌改良材なので、
土と一緒にポリ袋にいれます。

5.続いて熱湯を用意します。
土にかけて目に見えない病原菌や
虫の卵などを殺菌します。

土のリサイクル

土の全体にかけて熱湯で蒸らすイメージで。
熱湯を土に満遍なくかけたら
袋の口を閉じます。

しっかりと殺菌するために
できれば土の温度を確認しましょう。

目安としては60℃以上になってるか
どうかを確認。

温度が高ければ高いほど殺菌力が高く
消毒効果が高いという事になります。

鉢底石にも同じように熱湯をかけて
口を閉じ温度が下がるまで待ちます。

手で触れるぐらいまで温度が下がったら
OKです。

土のリサイクル

6.土のリサイクル材を
規定量殺菌した土に加えて
袋ごと振ってよく混ぜます。

リサイクル材には
堆肥のような有機質のものや
微生物資材、鉱物資材が入っています。
これを加える事により
土が団粒構造になってフカフカになります。

手で握ってみるとリサイクル材を入れたものは
やわらかくなっています。

このような状態になったら作業は完了です。

土のリサイクル

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ