鉢植えのキンモクセイの苗の選び方、植え方、剪定方法!【趣味の園芸】

キンモクセイの育て方

2016年10月9日放送のNHK「趣味の園芸」は
育てたい花・秋「キンモクセイ」

鉢植えで楽しむ方法を
園芸研究家の上条祐一郎さんに
教えていただきました。

苗木の選び方や植えつけ方、
剪定方法などを紹介!

スポンサードリンク

鉢植えで楽しむキンモクセイ

キンモクセイというと庭に植えてあり
大きくてこんもりしたイメージですが、
園芸研究家の上条祐一郎さんが
おすすめするのは鉢植えです。

鉢植だと自然な枝ぶりも観賞でき
枝の中に咲く花がきれいに見えます。

また、鉢で育てると庭植えよりも
より小さいうちから花が咲く
というメリットもあります。

キンモクセイはとてもお日様が好きですが、
鉢植えなら生育期はひなたに置いて
開花したら好きな所へ移動して楽しめる
ということもできます。

鉢植えのキンモクセイ



苗木の選び方

高さ160cm以上の苗木は鉢植えには不向き。

鉢植なら、高さ50cm~120cmを選ぶとよいです。
これならスペースそれほど取らないです。

そして、今すぐ花を楽しみたい方は
株元の幹の太さに注目します。

キンモクセイはある程度の樹齢に達しないと
開花しません。

樹齢を見わけるには幹の太さで判断します。

幹の太さがおおよそ1.5~2cmぐらいあると
開花する樹齢に達していると判断できます。
その苗はその年に花が楽しめると思います。

1cmないぐらいのかわいい細い苗は。
来年以降の開花になるようです。

この株元の幹の太さで判断してください。


スポンサードリンク

キンモクセイの植えつけ方

キンモクセイは常緑樹で寒さが少し苦手。

なので購入したら早く植え替えて
冬が来る前に根をしっかり張って
冬の寒さに耐える事ができるようにします。

鉢は苗木よりも一回りから二回り
大きな鉢を用意します。

鉢底石を敷いたら
赤玉土と腐葉土を7対3の割合で、
元肥も入れます。

開花中なら根鉢はくずさず
花後なら少しだけくずして鉢に据えます。

ウォータースペースを3cmほど残して
土を入れます。

隙間をつくらないよう
土をしっかりと入れます。


3月には剪定

キンモクセイはとても生育が旺盛なので
そのまま育てると背が高くなりすぎたり、
枝が混みすぎたりして
軽やかさが失われてしまいます。

ですのでせん定が必要です。

ただ、刈り込むと庭植えのキンモクセイのように
塊のようになってしまって軽やかさがなくなります。

なのですくような感じでせん定をするとよいです。

【①絡み合った枝を切る】
枝が交差して絡んでいるところは
どちらかを切らないと将来枝と枝がすれて
傷つけ合ったりして駄目になってしまう可能性があります。

これは横枝がたくさん出ている方の枝を残し、
横枝の少ないほうの枝を切ります。

切る位置は絡んでいるところの下の分岐点で
切ります。

キンモクセイの剪定




【②上に伸びた枝を切る】
上に長く伸びた枝を間引く。

これも枝の分かれ目分岐点で切ります。



【③混みあった枝を切る】
木の内側方面に向いている枝を切る。

内側に向いてるという事は今は交差してなくても
いずれ交差していく。

また、内側に向くとどんどん枝を混ませてしまう
原因になります。

このせん定は3月に行います。
3月は冬が終わってこれから暖かくなって
すぐ新芽が伸び始める時期で常緑樹のキンモクセイには
一番せん定に適してる時期です。

せん定する事で枝と枝の間に光が入り
株全体に花をちりばめたように咲きます。

従来の刈り込まれた姿とは違った
自然な枝ぶりが楽しめます。



よろしければこちらもどうそ↓
【趣味の園芸】キンモクセイの花が咲かない原因は?

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ