バラの切り花を長持ちさせる方法!大野耕生さんが伝授【ごごナマ】

スポンサードリンク

バラの植え替え

2019年5月15日放送された「ごごナマ」は
「バラ!最高の楽しみ方」というテーマでした。

その中でバラ栽培家の大野耕生さんが
バラの切り花を長持ちさせる方法を
教えてくれましたので紹介します。

スポンサードリンク

バラ栽培家の大野耕生さん

スポンサードリンク

切り花を長持ちさせる方法

『用意するもの』

新聞紙

熱湯

『やり方』
1.濡らした新聞紙でバラを包む
(茎を少し出した状態で)

2.茎の部分を茎を斜めに切る。
斜めに切ると給水面が大きくなります。

3.洗面器などに熱湯を入れ
切り口を30秒間つける。

※水を吸い上げるかんがお湯で温かくなって
太くなり水揚げがしやすくなる

4.水の入った器に入れ半日程度そのままにする。

5.新聞をとる

するとしおれかけたお花が復活し、シャキっとします。


バラは器を変えることで美しさがアップ

バラは器を変えることで美しさが
アップするのだそうです。

一般的にはクリスタルの器を使うことが多い。

クリスタルな器は癖がなくどんな花色にもあいます。

例えば器ををシックな色のものに変えると
深みのある花色と合わせやすくなるとのこと。

シックな色の器に合うバラは赤やオレンジのバラ。

このようなりっぱな器がなくても
口の広いペットボトルがおすすめ。

普通のペットボトルよりも多くバラを
飾ることができます。

(大野耕生さんが出したペットボトルは
青色っぽい色のついたペットボトルには見えない感じの
ペットボトルでした)

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ