リーフレタスの栽培方法!苗からで初心者でも簡単

リーフレタスの育て方



最近は野菜も値段が高いし、
家庭菜園で作ってみようかなと思っている人も多いのではないでしょうか?

そんな初心者におすすめなのが葉物野菜です。

その中でもおすすめなのがリーフレタス。

初心者でも育てやすいリーフレタスの栽培方法を紹介します。




スポンサードリンク

リーフレタスとは?

レタスは玉レタス、リーフレタス、コスレタス、スタムレタスの4つに分類されます。

リーフレタスは結球しないレタスのことで、
グリーンリーフやフリルレレタス、サニーレタスなどの葉レタスのことです。

結球しないリーフレタスは栽培期間が約1ヶ月と短く、 
比較的高温にも耐えられ、
簡単に作れるため初心者にもおすすめの野菜です。

そんなリーフレタスの苗からの育て方を紹介!


リーフレタスの栽培方法

リーフレタスはそれほど大きくならないのでコンテナ(プランター、鉢など)は
標準サイズのもので充分です。

スポンサードリンク

リーフレタスの生育適温15~20℃。
冷涼な気候を好みます。

苗は春と秋に出回ります。

中間地での苗の植えつけ適期は、
秋は9月中旬~10月中旬、春が4月上旬~5月上旬です。

プランターに鉢底石を敷き詰めます。
そして元肥入り培養土を入れます。

ウォータースペースを2cmほどとり、土をならします。

複数の苗を植える場合は、株間を20cmほどあけます。

移植ゴテなどで土に穴を掘り、
根鉢を崩さないように苗をポットから取り出します。

掘った穴に苗を入れ、まわりから土を寄せて軽く押さえます。
株元を少し高くして浅植えにして過湿を防ぐとよいです。

その後、たっぷりと水をやります。

肥料は植え付けて2週間後ぐらいに化成肥料をひとつまみ追肥します。

水やりは土の表面が乾いたらたっぷりと水やりをします。

収穫は苗の植え付け後30日ぐらい。
株の直径が25cm程度になったらで収穫できます。

外側の葉から収穫し、
残った葉が大きく育ってきたら順次収穫すると長く楽しめます。



まとめ

自分の家庭菜園で作ったリーフレタスをぜひ味わってください!

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ