家庭菜園 初心者におすすめの野菜 ベビーリーフの育て方!

ベビーリーフ

ベビーリーフミックスとは水菜や小松菜、レタスなど、いろいろな葉もの野菜を一緒に育てて、若い葉を収穫します。

栽培期間がみじかいのでガーデニング初心者にはぴったりです。

種をまくときに用意するもの

【ベビーリーフミックスの種をまくときにいるもの】

ベビーリーフミックスのタネ
プランター(コンテナ)や鉢
鉢底石
培養土
肥料(培養土が元肥入りでない場合)
スコップ
霧吹き
じょうろ
など




プランターや鉢に土の準備


スポンサードリンク

14cm以上の深さがあるプランターや鉢を用意します。

プランターや鉢に底が隠れる程度の鉢底石を入れます。

水やりをした時に土や水があふれでないようにウォーターペースを2cmほどとって培養土を入れます。(培養土に肥料が含まれていない場合は肥料を混ぜます。)

表面を軽く整えて、鉢底から水が流れるまでたっぷりと水やりをします。



種まきから間引き、収穫まで


【種まきの適期】
3月~5月中旬
9月中旬~11月

虫の少ない秋まきのほうがオススメです。

【発芽適温】
15℃~25℃

【収穫まで】
種をまいてから20~30日

種をパラパラと均一になるようにまきます。

種をまく間隔の目安は3~5mmぐらい。

種同士が重ならなければ大丈夫です。

土を薄く覆い、手のひらで軽く押さえます。

種をまいたら種が流れないように霧吹きやハス口のついたじょうろでそっと水をかけます。

芽が出るまでは土を乾かさないように水をやります

芽が出たら日当たりと風通しの良い場所に置きます。

土の表面がかわいたらタップりと水やりをします。


【間引き】

種まきから7~10日後、双葉が出そろって葉が重なるようになってきたら、葉が触れあわない程度まで間引きします。

生育のわるいもの、葉の形や色が悪いものを抜いていきます。

春先はアブラムシやアオムシがつきやすいので葉裏や茎をまめにチェックし、みつけたらすぐに取り除きます。


【収穫】

種まきか15日ほどたち、草丈が5~7cmぐらいになったら間引きをかねて収穫します。

種まきから1ヶ月ほどたち、草丈が10cmぐらいになったら食べごろです。

大きくなると葉がかたくなってしまうのでかたくなる前に根元からカットして収穫します。

根元を残して収穫し、液体肥料を施すと、10日ぐらいしたら新しい芽がでてくるので再度、収穫が楽しめます。

液肥はじょうろに水と規定量を入れて水やりの要領でやります。

ベビーリーフ


まとめ

ベビーリーフミックス、1ヶ月もかからないで収穫できるのはうれしいですね♪

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ