家庭菜園 初心者におすすめの野菜 ミニチンゲンサイの育て方!

ミニチンゲンサイ

ミニチンゲンサイは暑さにも寒さにも強く栽培期間も短いので、
初心者にも育てやすい野菜です。

そんなミニチンゲンサイの育て方を紹介!

種をまくときに用意するもの

【ミニチンゲンサイの種をまくときにいるもの】

ミニチンゲンサイのタネ
プランター(コンテナ)や鉢
鉢底石
培養土
肥料(培養土が元肥入りでない場合)
スコップ
霧吹き
じょうろ
など




プランターや鉢に土の準備

14cm以上の深さがあるプランターや鉢を用意します。

プランターや鉢に底が隠れる程度の鉢底石を入れます。

水やりをした時に土や水があふれでないようにウォーターペースを2cmほどとって培養土を入れます。(培養土に肥料が含まれていない場合は肥料を混ぜます。)

表面を軽く整えて、鉢底から水が流れるまでたっぷりと水やりをします。



種まきから間引き、収穫まで

 
【種まきの適期】
4月~5月中旬
9月中旬~11月

発芽適温が広く、ほぼ1年中育てることが可能です。
早春はとう立ちしやすいので避けます。

【発芽適温】
15℃~30℃

【収穫まで】
種をまいてから約30日


【種まき】

種をまきます。

点まきします。

3cmほどの間隔で穴を作ります。
深さは1~2㎝ぐらい。

スポンサードリンク

まき穴にそれぞれ2~3粒ずつ種をまきます。

チンゲンサイは発芽率が高いので、あまりまきすぎないようにします。

土を軽くかけおさえます。

種が流れないように、霧吹きやハスつきのじょうろなどでそっと水をかけます。

芽が出るまでは土を乾かさないように霧吹きやハス口のついたじょうろで水をやります

芽が出たら日の当たる場所に置きます。

乾燥に弱いので土の表面がかわいたらタップりと水やりをします。


【間引き】

種まきから7~10日後、本葉が出そろい混みあってきたら、1ヶ所1本になるように間引きします。

生育状態が悪いものから抜いていきます。

間引いた後は土を足します。

表面を平らにし、株が倒れたりしないよう株元に土を寄せて軽く押さえます。

その後たっぷりと水を与えます。

アブラムシやアオムシがつきやすいので葉裏や茎をまめにチェックし、みつけたらすぐに取り除きます。


【収穫】

種まきから約30日後、草丈が15~18cmくらいになり、株元がしっかりと詰まってきたら収穫できます。

1株ずつ地際から根元をはさみでカットします。
根ごと引き抜いても大丈夫です。

とり遅れるとかたくなり、形も悪くなります。

ミニチンゲンサイの収穫

まとめ

春先から育てるときは防虫ネットをすると虫の侵入を防げます♪

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ