【趣味の園芸】ペチュニアの育て方!秋にもう一度咲かせる方法

ペチュニア

NHK「趣味の園芸」で
2018年9月に放送されていた
「もう一花咲かせよう! 春&夏の花」
の内容を紹介します。

ナビゲーターは三上真史さん。

教えてくださるのは
園芸研究家・金子明人さんです。

スポンサードリンク

もう一花咲かせよう! 春&夏の花

ペチュニア、ベゴニア、クレマチス、バラなど
春や夏から育てて花を楽しんだ植物は、
夏越しで疲れ気味の時期。

でも、株をリフレッシュさせることで、
秋にもう1回開花させることができます。

ここではペチュニアの場合を紹介します。

鉢植えのペチュニア

リフレッシュ①切り戻し

鉢の縁に沿って切ります。

これだけだと再び花が咲いたとき
中が寂しくなってしまうので
一部を芽の上で切ります。

目安は星の形。

ペチュニアの切り戻し、剪定

芽の上で短く切る茎と長いまま残す茎。

長さを変えれば花が咲いたときに
全体のバランスが整います。



リフレッシュ②根切り

スコップを使って根切りをします。

スコップで鉢沿いに3カ所ぐらいさして
土を取ります。

切られたところから
新しい根っこが出て、
水や肥料を吸いやすくなります。

全部切ってないので株は
弱りません。

ペチュニアの根切り

スポンサードリンク

リフレッシュ③土変え

②でとった土のところに
肥料入りの草花培養土を入れます。



リフレッシュ後の作業

作業2週間後より
2週に1回液体肥料をあげます。

リフレッシュ作業後1か月から~1ヶ月半
ふんわりボリューム感のある花が楽しめます。

いっそこの時に植え替えをしてしまえばと
思ってしまうのですが、
暑い時期はかえって植物が弱ってしまう
こともあるので避けたほうがよいとのことです。

花壇の場合

基本的には鉢の場合と同じです。

①根切り

しだれた茎を縁に沿って切る

中の茎をランダムに切り戻し。

②根切り

縁沿いに垂直にスコップを差し込んで
根を切ります

花壇には土が豊富にあるので
土替えは不要です。

作業の期限は9月10日ごろまで
とのことです。



そのほかの花

ベゴニアセンバフローレンス

①切り戻し
一番下の節の上で切る

ベゴニアセンバフローレンス

後はペチュニアと同じです。

②根切り

③土変え

作業2週間後より
2週に1回液体肥料をあげます。

マリーゴールド

①切り戻し
花下の葉の上で切る

後はペチュニアと同じです。

②根切り

③土変え

作業2週間後より
2週に1回液体肥料をあげます。

ジニア

①切り戻し
花茎半分ほどの葉上で切る

②根切り

③土変え

作業2週間後より
2週に1回液体肥料をあげます。

ニチニチソウ

①切り戻し
1~2節を残して切る

②根切り

③土変え

作業2週間後より
2週に1回液体肥料をあげます。

作業はどれも9月10日ぐらいまで
とのことです。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ