寄せ植え 秋のガーデニング!おすすめの1年草

パンジーの寄せ植え

少しずつ気温が下がり、そろそろ秋の気配。

秋から始める寄せ植えにおすすめの1年草を紹介!

形が乱れにくいもの、色が鮮やかになるものを選んでいます。

寄せ植えにおすすめの1年草


【ジニア】

開花期5~11月
春から秋まで楽しめるが、秋は特に色がよく花持ちもよい。
さらに型崩れもしにくいです。

寄せ植え ジニア



【マリーゴールド】

開花期5~10月
あざやかな黄色~オレンジ色の花を咲かせ、寄せ植えにも使いやすい。

マリーゴールド 寄せ植え



【センニチコウ】

開花期5~10月
春から育てると大きく伸びてしまうのですが、秋に植えるとあまり大きくならずまとまります。

センニチコウ 寄せ植え



【サルビア・ファリナセア】

開花期5~10月
最近は青だけでなく多様な色があり、秋に非常に色がよいです。

サルビア・ファリナセア



【ダイアサンス(ナデシコ)】

開花期5~6月 9~11月
ナデシコは秋の七草にも入っているように、秋にこそ花色が美しくなります。

ダイアサンス(ナデシコ)



【セロシア】

開花期7~11月
秋らしい深い色合いのものが多く、高さも演出できるので秋の寄せ植えにおすすめ。

セロシア 寄せ植え

スポンサードリンク


【インパチェンス】

開花期5~10月
日当たりの良い場所を好みますが、明るい日陰でもよく育ちます。
枝の広がりもあるので寄せ植えに向いています。

インパチェンス 寄せ植え





【パンジー&ビオラ】

プランターに植えた1年草は11月上旬からだんだん花が咲かなくなります。
寄せ植えに宿根草なども植えていたら花が鈍ってきた1年草だけをとり除いてパンジーやビオラなどをそこに植えて冬の寄せ植えを楽しむとよいです。

パンジー&ビオラ


秋が寄せ植えに向いているのはなぜ?

春や夏よりも秋から寄せ植えを始めるとなぜよいのでしょう?


【間のびしない】

気温がだんだん低くなるので植物があまり大きくなりません。
あとから大きくなることを考えないで寄せ植えを作れます。


【密植えぎみでもo.k】

春に植えると蒸し暑い梅雨で傷んでしまうことがありますが、秋はある程度密植えにしても蒸れにくくなります。


【色がよくなる】

夜、温度が下がるので花や葉の色が深く鮮やかになります。



秋の寄せ植えその後の管理


【置き場】

屋外の日なたに置きます。
雨で花や葉が傷むのを防ぐために、できれば軒下などの雨の当たらない場所に置くのがよいです。


【水やり】

乾いたらたっぷりと与えます。


【肥料】

植えつけて根が落ち着く1週間~10日後に追肥として緩効性化成肥料などを施します。
その後は既定の通りの間隔で肥料を施します。


【病害虫】

気温が下がって病害虫の被害は夏に比べて減るので心配はそれほどしなくてよいです。


【その他】

花柄摘みをすると次の花が咲きやすくなるので、こまめにおこないます。

まとめ

寄せ植えがしやすい秋にガーデニングをぜひ楽しんでください!

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ