鉢植えキンモクセイの育て方!植え替えや剪定方法

キンモクセイの育て方

秋になるとよい香りを漂わせるキンモクセイ(金木犀)。

キンモクセイはお庭でないと育てられないと思っていませんか?

鉢植えだと剪定などの手入れもしやすく、植え替えの時に根を切り詰めることで6~7号の大きさを維持することもできるんです。

また、庭植えだと植えつけてから2~3年は花が咲きにくくなくなりますが、鉢植えだと植えつけた翌年も開花しやすいんです。

キンモクセイをぜひ鉢植えでそだててみましょう!


キンモクセイの育て方


【置き場所】

キンモクセイは日当たりを好みます。

1日中、日の当たる場所がよいです。
日当たりが悪いと花が咲きにくくなります。


【水やり】

土の表面が乾いたらたっぷりと水を与えます。


【肥料】

2月頃までに寒肥(油かす主体の固形肥料)を規定量施します。

また、7月上旬ごろに緩効性化成肥料を施します


【病害虫】

病害虫は少ないですがイラガ、ハダニ、カイガラムシが発生することがあります。



鉢への植えつけ・植え替え方法

 【適期】
9月下旬~10月
(咲いている株の植え付け)

2月下旬~3月中旬
(植え付け、植え替え 2年に1回ほど)





 【植え替え方法】
鉢底石を入れた鉢に用土を入れます。

用土は
草花培養土もしくは
赤玉土小粒:7
腐葉土:3

一回り大きい鉢に植えつけます。

花が咲いている株は根鉢を崩さずに植えます。

2~3月に植え替えをする時には軽くほぐします。

ウォーターペースを1~2cmとります。
支柱を立てます。

既定の緩効性化成肥料を施してたっぷりと水をやります。



スポンサードリンク

剪定方法

剪定は3月上旬の春の大すかし(強剪定)と花後の小すかし(弱剪定)があります。

秋または2~3月に植えつけたばかりのキンモクセイも3月上旬に強剪定をするとよいです。
伸びすぎた枝を切り詰める感じで、葉のある部分を切ります。

花後の弱剪定は伸びすぎた部分を整える程度にします。



まとめ

キンモクセイを育てて芳香を味わってください!

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ