球根の寄せ植え!パンジーやビオラと一緒に秋から春まで楽しめます

パンジーの寄せ植え

球根を使った寄せ植えは初めての人でも簡単。

さらに球根と苗を寄せ植えすると、季節ごとに変化していく植物を楽しめます!

球根のダブルデッカー寄せ植え

秋は秋植え球根を植える季節ですね。

でも春にキレイな花を咲かせるまでにまだ時間があります。

そこで、パンジーやビオラ、アリッサムなどと寄せ植えすると長くお花が楽しめます。

球根も2種類植えるダブルデッカー植えするとさらに楽しめます。

ダブルデッカー植えとは違う種類の球根を2段に植えこむことです。

ここではチューリップとムスカリを植えています。

チューリップとムスカリが咲くまではパンジー&ビオラとアリッサムのシンプルな寄せ植えとして楽しめます。

パンジー&ビオラはお好きなほうをどうぞ。



寄せ植えの方法

鉢に鉢底ネット(鉢底網)を敷きます。

水はけをよくするために鉢底石を入2~3cmほど入れます。

培養土を入れます。

培養土は元肥入りのものか入っていない場合は緩効性化成肥料を混ぜておきます。

土は最初に植えるチューリップの球根が根をはれる程度に入れます。

チューリップの球根を植えていきます。
球根は芽を上にして置きます。

チューリップの球根

スポンサードリンク

冬は育ちが遅いので、密に植えても大丈夫です。

チューリップの球根が隠れるまで土をかぶせていきます。

土の表面を平らにならし、上から軽く押します。

次にムスカリを植えつけます。

ムスカリの球根が隠れるまで土をかぶせます。

平らにならして軽くおさえます。

ムスカリの球根

次にパンジーかビオラの苗を植えつけます。

ポットから取り出して根鉢を少しくずし、縁から2~3cm低い位置に来るように土を入れて高さを調整します。

寄せ植えの例として一株を真ん中に、残りの3株をその周りに正三角形を作るように配置します。

そしてパンジーかビオラの正三角形の間にアリッサムを置きます。

アリッサムも正三角形になるように置くとバランスがよくなります。

苗に土をかけないように気をつけながら隙間があかないよう土をに入れていきます。

土の表面を平らにならし、株元のまわりを軽く手で押さえます。

できあがったらタップリと水をやり、2~3日半日陰に置いてから日なたで育てます。



寄せ植えして半年後のようす↓
チューリップの寄せ植え



まとめ

春になるとプリムラやチューリップも咲いて華やかになりますよ!

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ